兵庫県姫路市の一夜干し専門店、松本海産。ブランドの魚、シーズン中の魚でも、100%おいしいとは限りません。

自分で食べて100%おいしい魚しか通販しません!

∼一夜干し・干物の松本海産∼

100%おいしい魚/松本海産

初夏に紅さけがおいしくなる理由

日本の川に帰ってくる時さけは、秋に産卵しますが、紅さけの産卵は、初夏のカムチャッカで行われます。

流氷の溶けた6月ごろに、オホーツク海では、大量のオキアミ(小エビ)が発生します。そのオキアミを、産卵を控えた紅さけが、食べるのです。いくら食べても、その量が減ることはありません。

無尽蔵の栄養源が、紅さけを、見る見るうちに脂の乗った個体に成長させていきます。

この時期に見られる鮮やかな深紅の身の色は、発情期というだけでなく、このオキアミ(小エビ)の色素だとも言われています。

有名産地の干物は、全ておいしいの?

有名産地の魚が、全て美味しいとは限らない普段、食べている魚は、殆どが群れを作って生活しているんです。その中には、大きいものから小さいものまで、肥えたものから痩せたものまで、様々な形態の魚がいるんです。

ですので、どこどこ産だから美味しいとか、産地で判断されることが多いと思いますが、どんなに有名な産地の魚であっても、全て美味しいと言えないんです。

無名の産地であっても、「この時期、ここで獲れた魚は、絶対美味しいはずだ!」と、言うのを探して紹介するのが松本海産の仕事、そう思っているんです。

本当においしい魚とは

本当においしい魚とは、口に入れた瞬間に「うまい!」と思えるような、そういった魚なんです。

私自身、実は魚嫌いなので、口に入れた瞬間に「本当にまずい!」と思うこともあり、魚嫌いの私が「うまい!」と思える魚は、本当においしいと思います。だから、おいしい干物の選別には、自信があるんです。

本当においしい干物に出会った瞬間

やっぱり、干物は、スーッと全部食べられるかですよ。そういった魚でないと、おいしいとは言えないんです。

そういった干物に出会うと、とても嬉しいんですよ。おいしい刺身に出会ったときよりも、嬉しいんですよ。そういった意味で、本当においしい干物って、少ないんですよね。だから、100%おいしい干物をに出会うなんて、本当に珍しいことなんですよ。

やっぱり、同じ産地の干物でも、年によるんですよね。去年のものは、それほどでなかったとしても、今年のものは、本当に旨いってときがあるんですよ。

干物が好きな人は、絶対に私と同じことを、思っているはずですよ。

天日干しは、本当においしいか?

天日干しって、身の表面に、うま味成分が集まってくる。そして、冷風乾燥の場合は、身の中全体に、うま味成分が均等に分散される。

そういったことから、「天日干しの方がうまい!」って言う人が多いけど、本当に天日干しの方が美味しいのか、私が食べ比べたときに、私には「こっちが美味しい!」とは、言い切れない。

口に入れた瞬間美味しいのが天日干しだけど、後半に美味しく感じなくなるんですよね。だけど、冷風乾燥は、最後まで美味しい。やっぱり正直なところ、最後まで美味しい方が、いいじゃないですか?

↑このページのトップへ↑